Trip family わが家のブログ

旅好き男女20名グループ『わが家』で運営しているブログです!

【お家でカフェ】誰でもできるおいしいドリップコーヒーの淹れ方

f:id:tripfamilywagaya:20210522130137j:plain

みなさん、お家でどんなコーヒーを飲んでいますか?

 

インスタントコーヒー、ドリップコーヒーエスプレッソマシーンを使ったラテカプチーノなど家でコーヒーを楽しむ方法は様々です。

 

毎日飲むコーヒー、せっかくならおいしい豆にこだわって、おいしく淹れたいですよね。

 

今回はお家で簡単にできるドリップコーヒーをスペシャリティーコーヒーを使って、カフェのようにおいしく淹れる方法をお伝えします。

 

 

(コーヒーは嗜好品です、味の好みによって多少の量や温度は変わることがありますが。今回はあくまでも、スペシャリティーコーヒーを使った、私の思う基本の淹れ方を初心者向けに記述していますので、それを踏まえて参考にしていただけると幸いです。)

 

 

〜目次〜

−道具を揃える

−器具を温める

−豆は約16g/杯

−注ぐお湯の量は250g/杯、温度は85〜90度

−30秒蒸らす

−2分30秒〜3分秒で入れ終わる

 

 

〜おいしいコーヒーを入れるために必要な道具〜

f:id:tripfamilywagaya:20210522130128j:plain

コーヒー豆スペシャリティーコーヒー推奨)

 おすすめの飲み比べセットはこちら↓

【送料無料】自家焙煎 スペシャルティーコーヒー 飲み比べセット 200g(50g×4種)[ COLOR COFFEE ROASTERS カラーコーヒーロースターズ ギフト 贈り物 プレゼント シングルオリジン ]

価格:1,500円
(2021/5/22 14:44時点)
感想(0件)

・量り(0.00gまで量れるものが◎)

ポイント10倍 キッチンスケール デジタルスケール クッキングスケール 【1年保証】【圧倒的な高評価レビュー4.31点!】 はかり デジタル キッチン 0.1g 0.01g 料理 おしゃれ 電子はかり 500g 3kg まで対応 電子計り 郵便物 トレイ付き 丸正 電子スケール TOKAI

価格:1,080円
(2021/5/22 14:46時点)

コーヒーミル

ハリオ HARIO MSCS-2B セラミックコーヒーミル・スケルトン ブラック[MSCS2B]【rb_pcp】

価格:3,780円
(2021/5/22 14:49時点)
感想(31件)

ドリッパー&コーヒーサーバー(1人分ならカップでもok)

HARIO simply コーヒーサーバーセットV60 Glass Brewing Kit ドリッパー・サーバー・ドリッパーホルダー・計量スプーン 600ml 02サイズ 1-4杯用 日本製 S-VGBK-02-T v60ドリッパー ハリオ ガラスサーバー

価格:3,300円
(2021/5/22 14:50時点)
感想(1件)

ペーパーフィルター

V60用ペーパーフィルター酸素漂白VCF-02[100枚入]/ハリオ(HARIO)/グルメコーヒー豆専門加藤珈琲店

価格:325円
(2021/5/22 14:51時点)
感想(182件)

コーヒーポット

● HARIO ハリオV60ドリップケトル・ヴォーノ 600ml VKB-100HSV 【日本製 コーヒーポット 細口ケトル ケトル キッチン おしゃれ インスタ映え 人気 ギフト プレゼントとして】

価格:4,180円
(2021/5/22 14:52時点)
感想(1件)


ちなみに私はハリオというブランド推しなので、ハリオを参考に上げましたが、どのメーカーさんを使ってもおいしくコーヒーは淹れられます!

〜器具を温める〜

f:id:tripfamilywagaya:20210522130200j:plain

 

必要な道具を揃えたら、最初にお湯を沸うので多めに沸かします。



コーヒーポット、ペーパーフィルターをセットしたドリッパー、コーヒーサーバー(orカップ)にお湯を注ぎ温めます。

 

***ペーパーフィルターにもお湯を通しておく理由***

ペーパーフィルターの紙を洗うことで紙の味を落とすことと、器具を温めること。コーヒーは温度で味が変わるので、欠かせない大切な作業です。





〜コーヒー豆を量る〜

f:id:tripfamilywagaya:20210522130211j:plain



コーヒー豆の量は、総抽出量×0.063です。

 

今回は総抽出量を1杯当たり250gとして、1杯当たり15.75gを量ります。

2杯以上淹れる場合は、15.75g×杯数です。

 

コーヒーミルで豆を挽く時に、コーヒー豆を1〜2粒先に挽いてから、

 

豆を挽いたら、表面が平らになるように粉をドリッパーに入れます。

(温めるために使ったお湯は忘れ時に捨てましょう)



***コーヒー豆を直前に挽く理由***

コーヒー豆は、挽いた後では豆のままの状態よりも20倍ほど酸化のスピードが早く、その分鮮度も早く落ちてしまうからです。

 

コーヒーミルがないという場合は、あらかじめ挽いた豆でもおいしく飲むために、開封後なるべく5日以内で使い切りましょう。

豆のままの状態のコーヒー豆でも焙煎日から3週間以内に使い切りましょう。




〜お湯の量を量る〜

 

コーヒーポットにあらかじめ沸かしていたお湯を250g×杯数用意します。

 

コーヒーを淹れる時に適切な温度は85〜90度です。

器具を温める時に沸かしたお湯を使うことで、淹れる時にちょうどいい温度になるようにします。

 

***コーヒーポットを使う理由***

コーヒー豆にお湯を注ぐときは、細くゆっくりとが大切なポイント。このポイントを守るためには、注ぎ口の細いコーヒーポットを選ぶことが大切だからです。

 

コーヒーポットがない場合はケトルから直接注ぎますが、上記のポイントをなるべく意識しましょう。




〜30秒蒸らす〜

 

蒸らしはお湯がコーヒー豆に触れた瞬間から30秒です。

 

中心から「の」の字を描くようにゆっくりお湯を注いでいきます。

お湯を注ぐ時に、お湯がフィルターの壁に触れないようにします。

 

コーヒー豆全体にお湯が馴染むまで注ぎ、30秒を待ちます。



〜2分30秒〜3分以内に入れ終わる〜

f:id:tripfamilywagaya:20210522130424j:plain



30秒が過ぎたら、ドリッパーから落ちてくるお湯を切らさないようにゆっくり細〜い線で、スムーズに、注いでいきます。(これが実は慣れるまで難しいです。)

 

「の」の字を描くようにゆっくりと、細いお湯の線を意識して注ぎます。

この時お湯が、フィルターの壁に当たらないように気をつけます。

 

1杯分のお湯でも、2杯分のお湯でも、お湯の量に関係なく、注ぎ終わるのは2分30秒〜3分まで(蒸らし時間も含めて)です!

注ぐ時間が短めだと酸味がより強く、長めだと苦味がより強く出ます。お好みで調節してみましょう!



☆まとめ☆

 

おいしいコーヒーを淹れるためには

量・時間・温度

が重要なポイントになります。

 

①まずは適切な道具を揃える

②器具を必ず温める

③豆は約15g/杯

④注ぐお湯の量は250g/杯

⑤蒸らしはお湯を注ぎ始めてから30秒

⑥2分30秒〜3分秒で入れ終わる。

 

本当においしいコーヒーは冷めてもおいしく飲めます。冷めたコーヒーも、また熱々の時とは違う味を感じることができて面白いです。

 

是非、お家で毎日飲むコーヒーにひと工夫をしてみてください!

 

 

Trip family わが家のブログ - にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

コメントスターをいただけると頑張る力になりますので、ぜひお願いします!!

TwitterInstagramのフォローもお願いいたします。

 

↓↓↓ Instagram ↓↓↓

https://www.instagram.com/trip_family_wagaya/?hl=ja

↓↓↓  Twitter ↓↓↓

twitter.com

↓↓↓ 『わが家』が運営しているHP ↓↓↓